相続とは?

相続とは、例えば両親や身内が亡くなった時にその人が残した財産を、親族が引き継ぐことをいいます。相続については、遺産を相続できる人は法律で決められていますから、事前に確認しておくことが大切です。ですから、事前に相続の時に困らないように、親族内で決めておくといいポイントをまとめてみましたので、参考にしてください。

事前に決めておきたいポイント

弁護士バッジ

相続財産の把握

相続できる財産は、どういうものがあるのかを知っておくことが大切です。だいたいは家屋や土地などの不動産、貯金や貴金属、株や著作権などが対象になります。また、借金がある場合はそれも相続になりますから、しっかりと把握しておきましょう。相続の際に、スムーズに手続きを行うためにも財産の内容を事前に調査しておきましょう。

相続人を決める

財産の持ち主が亡くなった場合、相続人は「配偶者」となります。それから相続順位が決まっています。配偶者に次いで、子ども、直系の父母や祖父母となります。それから兄弟といったように順位が決まっています。また、配偶者といっても内縁関係にある人は相続の対象となりませんから、親族内でしっかりと相談しておきましょう。

分配の確認

相続する際に、決めておかなければいけないのは、相続人だけではありません。財産の分配の割合も決めておきましょう。法律では、相続する人によって財産の分配の割合が変わってきます。配偶者の分配は2分の1、子ども2分の1となっていますが、これは絶対というものではありません。親族内で分配の割合が決まらない場合は、参考にしてみてください。

相続税について

財産を相続して、これで終わりというわけにはいきません。相続税というものが発生します。ですから、後で困らないためにも相続税のことを把握しておくと、「知らない内に課税されていた」ということも防げます。

焦らないために

相続の際に必要な手続きがあります。その際にどんな手続きを行わなければいけないか、その流れを知っておきましょう。細かい手続きもあるので、弁護士に相談しておくのもいいかと思います。ではどんな手続きがあるのかを簡単にご説明していきたいと思います。

相続で必要な手続き

  • 死亡届を提出する
  • 遺言書の有無を確認する
  • 相続人を決める
  • 相続財産の内容を確認する
  • 遺産分割協議書の準備
  • 必要な名義変更の手続き
  • 相続税の申告

弁護士は強い味方!遺産相続のことは専門家に

相談

大事なこと

遺産相続の内容によっては、必要な手続きが増えることもあります。遺産の内容や遺言書の有無を確認して、手続きをしっかりと行いましょう。個人ですべての手続を行うにはとても大変です。相続には手続き期間も決まっていますので、弁護士に頼ることをおすすめします。また、財産の持ち主が健在であれば、万が一の時のために弁護士立会いのもと遺言書を作成しておくことをおすすめします。

相続手続きの悩みを横浜の法律事務所に相談☆

広告募集中